肉の基本知識

お肉の各部位の紹介と、おススメ調理法をご紹介します。

牛
かた よく運動する部位であるため、肉質はやや硬めであり、煮込み料理などに適しています。
かたロース 適度に脂肪がのった部位で、薄切り肉にして、幅広い料理に利用できます。
リブロース 最も霜降りの多い部位で、すきやきやステーキなど、肉そのものを味わう肉料理に利用します。
サーロイン ステーキといえば「サーロインステーキ」と連想する代表的な部位です。柔らかく脂肪分が少ない肉質です。
ヒレ 牛の部位の中で最も運動しない部位のため、柔らかい肉質になります。
ばら 前足に近い「かたばら」と、後足に近い「ともばら」の2カ所からなる部位です。両方とも濃厚な風味があり、薄切りにして、牛丼や焼き肉用に最適な部位です。
もも 肉質は赤身の肉で、カレーやシチューなどの煮込み料理に適しています。
そともも ももよりは固い部位なので、挽肉にしたり、煮込み料理に使用します。
らんぷ 肉のきめが細かく、非常に質のよい赤身肉です。脂肪分が少なくステーキ料理に使用するのが適しています。
豚
かた ビタミンB1を多く含んでおり、栄養価の高い部位。カレーや肉じゃがなどに使用します。
かたロース 赤身に脂肪が適度に入り、豚肉らしい深い風味が味わえます。しょうが焼きや豚カツに適しています。
ロース ヒレの次に上等な部位で、香気成分が含まれる脂肪でおおわれています。
ポークソテーや豚カツに最適です。
ヒレ 柔らかい肉質でビタミンB1を多く含み、脂肪はほとんどありません。
肥満や成人病予防には格好の部位です。
ばら やや堅い肉質で脂肪は多いのですが、長時間煮込むことによってトロリと柔らかいおいしさになります。
もも たんぱく質が豊富な赤身肉です。柔らかい肉質であらゆる料理に良く合います。
そともも 脂肪分の少ないあっさりした赤身肉で、風味が良好です。焼き豚のほか幅広い料理に使用できます。